注意すべきゼロ物件|引っ越しで生活家電を揃え直す必要がないウィークリーマンション
集合住宅

引っ越しで生活家電を揃え直す必要がないウィークリーマンション

注意すべきゼロ物件

インテリア

今、敷金、礼金なしという賃貸物件が増えています。これは、初期費用を出来るだけ抑えて、入居しやすくしようという貸主が多いため増えています。しかしながら、初期費用が抑えられるからと手放しに喜んでよいのでしょうか。まず必ず行なってほしいことが、契約時に契約内容の確認をしっかり行うことです。礼金なしの場合、短期間の解約による違約金が設定されている場合があります。また、敷金なしの場合、クリーニング費用や入室料という名目で敷金を取っている場合もあります。その他に、敷金なしの場合、退去時の原状回復費用が敷金を差し引かれることなく請求されるため、非常に高額になりやすい傾向があります。そのため、契約時に退去時の負担について確認を取っていた方がよいです。

では、どのような場合に礼金なし、敷金なしの物件を選ぶことがよいのでしょうか。それは、長期の住居を予定している場合です。長期で住む場合には、礼金なしの場合の違約金を取られることはまずないです。また、クロスやクッションフロア、畳等は原価償却の考え方が主流になっているため、6年以上住んだ場合はこれらの費用は請求出来ないものと考えられています。そのため、敷金なしの場合でも、貸主はこれらの原状回復費用の請求が出来ないため、高額な請求は来ないはずです。万が一高額な請求をされた場合、敷金を預けている場合なら返してもらえずに何度も交渉をする必要がありますが、敷金なしの場合、預けているお金がないため強気に交渉することが出来るはずです。敷金や礼金のない物件なら、他の物件よりも気楽に借りられることが大きな強みと言えるでしょう。